Q&A

施設や介護への質問に「はなちゃん」「ぶさくん」がお答えしていきます!

Q1

はなぶさ苑って どうやって誕生したの?

昭和50年代後半、まだ地域に介護サービスが無い時代。家族、特にお嫁さんが介護を担う時代に、 両親の介護を夫婦で行い、家族介護の大変さを自ら経験した持田理事長夫妻が 核家族化が進む日本の将来の家族介護を憂い、始めた一歩がはなぶさ苑です。

自分や家族がしてほしい介護を実践することを基本理念に、地域の高齢者が 安心して生活を続ける事が出来るためのサービスを提供しています。

Q2

はなぶさ苑って どんな会社?

平成元年熊谷市(当時)で初めて、民間の社会福祉法人として特別養護老人ホームを開設し、 その後、デイサービスや、ショートステイ、在宅介護支援センター、ホームヘルパーステーション等 市内の在宅高齢者の介護サービスや老人保健施設、ケアハウス等の入所施設も充実させてきた 社会福祉法人です。

社会福祉法人は、社会福祉事業の中心的担い手であるとともに、地域における多様な福祉ニーズに きめ細かく対応することにより、地域社会に貢献する使命を持った法人です。

Q3

はなぶさ苑のサービスの特徴は?

はなぶさ苑では、介護になっても可能な限り地域で自分らしい暮らしを、人生の最後まで 続けることができるよう在宅サービスから施設サービスまで幅広く福祉サービスを提供しています。 特に自立支援を目的にリハビリに力を入れています。

ご利用される方の体の状況に応じて、しっかりお世話させていただきます。

Q4

はなぶさ苑の魅力とは?

『多機能の魅力、サービス(商品)の魅力、職員の魅力』の3つの魅力が揃っている所です。

Q5

はなぶさ苑がお薦めのサービス(商品)は?

天然温泉と充実したリハビリテーション、そして健康を考えた美味しい食事です。 キャッチフレーズとしては、 『温泉とリハビリ、美味しい食事』の、はなぶさ苑・・・です。

Q6

介護に直面した場合、どう考えればいいの?

介護サービスが必要かも?と思っても、どう考えたら良いのか、多くの人は 混乱します。 体の事、心の事、家族の事、生活の事・・・1人1人それは異なるので当然です。
まずは、はなぶさ苑に相談してください。

Q7

介護サービスの利用料(自己負担額)について

介護保険サービスを利用すると利用料が発生します。
介護保険の場合は、所得に応じた料金に変わりつつあります。

*負担割合は1割です。平成27年8月から一定以上所得者は2割負担になります。
*入所施設の場合、所得により滞在費、食費が異なります。

同じ地域の、同じ規模の、同じサービスの場合、実費を除き、 どの事業所を利用しても、同じ利用料金(介護保険の自己負担分)となります。

その方に必要なサービス内容によって、料金(加算サービス)が異なります。

社会福祉法人はその方の生活状況によって、利用者負担の軽減制度を行っています。

Q8

住んでいる地域で、利用できないサービスはあるの?

原則ありません。 熊谷市はもちろん、周辺地域(深谷市、行田市等)の方もご利用されています。

*通所サービス等送迎の範囲を超える場合はご相談ください。

Q9

ケアマネジャーを紹介してほしい?

はなぶさ苑には、様々な介護現場で経験を積んだケアマネジャーが多数在籍しています。
また、ご利用者居住地域のケアマネジャーを通してもはなぶさ苑を利用できます。
状況に応じて、ケアマネジャーをご紹介いたします。